雑談記
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
レシーバー。
 メインに使っているPCではbluetoothに対応していないので、
レシーバーを買ってきました。

 USBの枠を1つつぶす羽目になりますが、
その代わりにマウスの枠を埋め合わせる(可能性がある)ので多分に問題ないでしょう。

 ドライバをインストールする前に差し込んでしまう愚を犯してしまいましたが、
そこ以外は普通にインストールを行い、
イヤホンで再生出来るようになりました。

 ただし音量は別個のようなので要注意です。

 後はPSVitaにも認識させましたが、
こちらはダメでした。

 正確には音声が飛び飛びになります。

 ううむ。

 さて、
小説ですがやっと流れ図の骨子作成が終わりました。

  PDF化しているのでこちらで。

2017y10m18d_200637653.jpg

 話の構成を煮詰めまくった結果、
出来上がったのは最大のシーン数でした。

 ここから削るので多少減ると思いますが、
減らなかったらどうしましょうか?

2017y10m18d_200653538.jpg

 序盤の15シーン目程度ですべての登場人物を出すようにしましたが、
それでも展開が遅いなと思ってしまいます。

 実はこれでも展開は早くとった方で、
前はもっと遅かったです。

 とりあえず疲れましたが、
ここからが流れ図作成の本番なので気を抜く訳に行きません。
イヤホンを買ってきて。
 イヤホンを買いに、
1万円を咄嗟に落として買ってきました。

 今度はワイヤレスでないとすぐ壊れると言う事で、
一通り見てきましたが大体高価で初心者向きではないです。

  とりあえず一通り見てきて廉価な奴と言う事で、
JIB Wirelessと言うのを買ってきました。

 バッテリーの持ちは(仕様からして)良好で、
オンにすると「Power On!」と英語が流れます。

 流石アメリカ製だ、
何かが違いますよ。

 音域が書いていないと言う、
とんでもなく怪しい所がありますが、
そこまで気にするほどではないです。

 そもそもワイヤレスイヤホンは数万円台のを除いて同じ音域なので。

 ワイヤレスは動きやすく、
なくしやすそうなくらいに軽いです。

 只、
このイヤホンの致命的な欠点として「充電中はBluetoothは機能しない」と言う物があります。

 充電中の起動は負担が大きいと聞くので仕方ないです。

 純粋な意味でワイヤレスになったイヤホンです。



 当たり前ですが、
bluetoothに対応していないPCでは只の縄と化します。

 よって、
自分のメインPCは只のカカシです。

 うん、
エロいビデオが見られないんだ……

 明日になったら安いレシーバーでも買ってきます。
 聞ければいいんですよ、
聞ければ。

 さて、
科学未来館ですがタンパク質の続きです。

2017101701.jpg

 取り出したたんぱく質の結晶はこうなります。

 結晶と言っても非常に小さく、
しかもこれで数万単位でタンパク質が集合している状態です。

 更にこれを解析します。

2017101702.jpg

 自分が思わず「う○こみたい」と言った奴です。
 動物の糞に似ていますが、
タンパク質と言うのはこのような形で存在します。

 只、
これだと分かりにくいです。

 なので、
更に解析します。

2017101703.jpg

 このパターンを元にタンパク質の種類を推測し、
データベースと照合して全体を表示します。

2017101705.jpg

 この様にして取り出したタンパク質が何なのかを見つけます。

 ピンポイントに特定に種類を取り出し大量生産できれば、
それだけで様々な分野に使えます。

 必須栄養素の一つですから。

 これにてタンパク質の件は終わり、
通常展示に戻ります。
調子が悪い。
 急に天候が変わったのか、
体調がすぐれず更にイヤホンも片方が聞こえなくなってきました。

 買ってから2、3か月と言う短さでして、
自分自身荒く使っている……と感じているのですが、
それにしても短いです。

 保証書が付いていましたが、
イヤホンは消耗品(だと思っている)以上駄目かと思うので
頑丈さを優先させて選んだ方がよさそうです。

 それか廉価でもいいのでbluetoothにするかですね。
 少し考えてみます。

 さて、
小説の方ですがプロットの煮ツメに入っています。

 一通り流れを追った結果、
以下の点に欠点がありました。

2017y10m16d_210318391.jpg

 このため、
徹底的に見直した……のですが、
1か所を直すと次々と直さねばならず、
シーンを何処でカットするか、
追加するかの繰り返しです。

 どうなるか悩み、
行き詰りましたが寝る直前に思いつきノートに急いで書き出し、
これをもとに再構成しました。

 今は時系列を除いて大体出来ていますので、
ここを第二案の流れとして纏め、
チェックを経て流れ図の作成の第二段階に入ります。

 本当に偉く長くなりました。
 これ、
本当に作れるかな?
電子書籍化への道。
 雨がザーザー降っている中、
そばを打ちに行ってきました。

 湿気からか水を吸ってしまい柔らかく、
出来が良かったと思いきや切れてしまい、
更に切る時もぬるぬるしている為に見当が付けられずに太く切ってしまうなど、
泣きそうな状態でした。

 次に生かしますとも。

 後は延々と室内作業でした。

 今月中はずっと雨だそうで、
鬱になる日が続きそうです。

 さて、
今日は屋内作業で描いた作品の電子書籍化の作業を行いました。

 厳密には下準備であるPDF化ですが、
PDFでも十分電子書籍フォーマットとして使えます。

 まずは話毎に散り散りになっている作品を一つのテキストに纏めます。

2017y10m15d_193243516.jpg

 全部一緒くたにしないと1つの本に出来ません。

 次に使うのが威沙と言うソフトです。

 一定のフォーマットに整形してくれる、
すごいやつです。

2017y10m15d_193421335.jpg

 画面はこんな感じです。

 今回は文庫サイズです。
 他にも新書や各ラノベレーベルのフォーマットにも出来ます。

 こいつにテキストを放り込み、
tnf作成のボタンを押してtnf形式のファイルにします。
 
 何故この作業を経由するかと言いますと、
このソフトはタグでレイアウトを構成すると言う特性がある為でして、
一旦タグをつける作業をする必要がある為です。

 で、
tnf形式のファイルをテキストエディタで開きます。

2017y10m15d_193509582.jpg

 最初に表紙に関するタグが植えてありますが、
ここは割愛します。

 表紙を作っていないので。

 後はタグを打ちこんでいきます。
 タグはレファレンスを見ても分からない頭なので、
前に書いた不完全な?タグを打ちこんでおきました。

 一通り終わった所で(表紙を打ちこむ時にまた打ちこみ直しますが)威沙でtnf形式をPDFに変換します。

 これでPDF化が終わりです。

2017y10m15d_193537181.jpg

 表紙はこの通りおざなりです。
 ここら辺は自分でレイアウトできますが、
一番手っ取り早いのが「自分で画像を用意して貼り付ける」だと思います。

 それでも、
画像を用意するのに苦労すると言う手間が……

 因みに挿絵、
裏表紙もタグで貼り付けます。

 上手く使いこなすと構成が自由自在です。

2017y10m15d_193614933.jpg

 本文はこんな感じです。

 意外に本格的でして、
そのまま出力して製本も出来ます。

 ソフト自体は便利なのですが、
タグを変更した時のチェックが出来ない(PDFで出力しないと出来が確認できない)のに加えて、
インストール形式になっている(旧版ではインストールは不要でした)ので、
USBメモリに入れて持ち運びが出来なくなった点が痛いです。

 前者は解決したいなら、
PDFのレイアウトをそのまま再現しろと言う問題なので(技術的な意味で)無理なので仕方ないです。

 PDF化はそんなに時間がかからないのでさほど苦ではないのですが。

 後者は詳細を確認していないので、
不要版もあるかも知れません。

 とりあえずタグについてはもう一寸調べてレイアウト位自在に出来るようにしたいです。

 おまけで。



 動画の内容は皮肉でもなんでもなく、
所謂なろう作家の心得のような物です。

 動画からかいつまんでいくと、

更新ペースは日刊レベル位に早く(読者はせっかちなので続きは早く読みたくなる=更新が長引くと飽きて読まなくなる)、
文章は簡潔にスペースを多く(PCやスマホで見る為、ぎっしり詰めたり難読文字を入れたりすると見づらくなる)、
1話の容量は短めに(本と違って適当な所で栞や付箋が入れられない為、短い時間で読み切れるようにしないと同じ所を繰り返し読まされる羽目になる)、
読者のマーケティング=需要はしっかり調べる(どんなに良くても読者を気持ちよくさせなければ単なる文字の羅列です)、

と言った所でしょうか。

 こう考えると、
小説家になろうと言うのは電子版パルプフィクションなんですよね。

 なろうの連載作家……なんか「なろう」にこき使われてそうですが、
大体そんな物かもしれません。

 自分も気を付けねば。
値下げ。
 月末辺りに携帯を買い替えようとした矢先、
ASUSで買い換えキャンペーンをやっているのを知りました。

 9000円引き……かなりの値引きで、
しかも性能も現行機種と勝るとも劣らないと鳴ればと思った……のですが、
7.9型がSIMカードオンリーなのが悲しい所です。

 調べるとSIMカードを刺さなければ問題ないとの事なので、
他の店で軽く見てから考えておきます。

 NEXUS7は名機で非常に有能なのですが、
前に書いた通り限界が見え始めていますからそろそろと考える頃です。

 もう4年もお世話になっていますし。

 さて、
小説ですが流れ図の案が出来ました。

 PDFで出しましたのでこちらで。

 メモとして纏めていますので余計な物が全て入っています。

 こんなに長くなるとは思いませんでした。

 下手をすれば文庫1冊分になるかもです。

2017y10m14d_210333516.jpg

2017y10m14d_211224752.jpg

 序盤が飛んでいますが、
これは全体をチェックした時に話の展開が遅いと言う理由で、
冗長な部分をカットした為です。

 後半もテンポとカットがかなり細かくなっていたので見直した関係で、
更に細かくなって……って駄目ですね。

 映像ならいいのですが、
小説の場合始点がとびとびになると混乱するだけですので、
出来る限り1つに統合する形になります。

 シーンは少ない方が書くのも楽ですから。

 更に見直して最終盤まで錬ります。