雑談記
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
すれ違い。
 お給金が入り、
自転車のチェーンを磨いてオイルを差しておきました。

 クリーナーという道具があるのを知り、
早速買って使ったのですがどうにも微妙です。

 唯一の利点はオイルが無暗に散ることがなくなった点ですかね。

 クリーナー自体もそこそこ高価な上、
ほぼ消耗品なので買ってもなぁと微妙に感じている現在でした。

 まあ、
オイルを剥がさないと面倒な事になるので仕方ないのですが。

 さて、
sketchupですが思わぬ問題が発生しました。

2019y01m20d_201649090.jpg

 ここです。

2019y01m20d_201500435.jpg

 この辺の高さに問題があり、
窓の高さと同じになりません。

 問題としまして、
窓の高さが違いすぎるというのがあります。

 極論言えば窓の高さを調整し、
作り直すのが一番ですが……予備のデータってないんすよね。

 作り直すための下地データを保存しておけばよかったと思います。
 もう一回作り直しですね。
教えること。
今日になって、
担当から新人にCADについて教えるように言われました。

 しかしながら、
教えたのはほんのわずかでして、
自分でも本当にわかっているのか?な有様でした。

 教える事は教わるより難しいといいますが、
独学ですべてを学んだ自分にとってみれば最上級の関門でした。

 我ながら嫌になります。

 さて、
創作ですが骨の部分は出来上がりつつあります。

2019y01m19d_212048486.jpg

 所謂「過去の清算」でして、
後は新しい部分を組み込むだけで完成です。

2019y01m19d_212243759.jpg

 内容に関してはcloudで作っている関係で処理が遅いのですが、
それでもできないことはないのでじっくり組み立てていくつもりです。

 完成したらすべてを公開したいのですが、
流石に量が膨大なので何かしらの手段を考えないとです。
怒涛のラッシュ。
 図書館で予約していた本が届きました。
 と言いましても、
図書館なので取りにいかないとですが。

 つい先日に電子書籍を借り、
さらに予約をして次に読む本を資料として目星を立てたばかりです。

 怒涛の本のラッシュに、
返せるのかどうか不安になってきました。

 軽く読める本ならいいのですが。

 さて、
昨日の続きですが息詰まるのは性に合わないのでざっと調べてみました。

 その結果、
「クリッピングをして影を塗る」というのが次の手になるらしいと分かりました。

 この際、
何もしないのは気に食わないので手本通りに書くことにします。

 クリッピングとは何か、
まったく新しい何かについてこれません。

201901181.png

 そもそもクリッピングをする意味があるのか?と思ってしまいますが、
右も左もわからないので基本通りにやります。

2019011803.png

 写真を元に影をつけると「おお!」となるのですが、
写真を外すと、

2019011802.png

 かなり情けないです。

 もうすっかり操作に慣れたので、
塗るのはお手の物です。

 その代わりにタブレットの表面がガリガリいっているので、
フィルタを好感しないとやばそうです。

 影を塗ったら、
次は光っているところを塗りますって落ちではないですよね……?
ベル。
 自転車のベルを新調しました。

 厳密に書きますともう破損してなくなっていたので、
買いました。

 ベルがないと東京都では捕まるらしいので、
仕方ないです。

 まったく使い道がないというのに。

 自分としてはOiのベルがよかったのですが、
値が張るので仕方ないです。

 所詮ベルですし。

 自分が取り付けたのは小型のベルです。

 さて、
お絵描きです関門にぶち当たっています。

 一通り下塗りを終えたのですが、
「次の作業」がわかりません。

 わからないといいますか、
細かく色を上から塗った後なじませるのが厚塗りなので、
そうするべきなのでしょうけれどうまくいきません。

 色を塗ってもうなくなじまず、
逆に色がおかしくなり、
さらに写真を見ながらの作業がタブレットではできないので調子が狂います。

 いわゆるスランプというやつなのですが、
この辺をどうするかはかなり悩みどころです。

 なので、
お手本を探したうえでなじませの工程を練習する必要があるのでは?と考えています。

 いいお手本はないですかね。
高値の信頼。
 サブPCのアダプタの調子が悪く、
新しく買い替えようと電気屋を見て回っているのですがありません。

 純正品の販売ストアで見かけたことがあるのですが、
9000円以上とほぼぼったくり価格だったので断念した経緯があり、
更に今になって売っているのか?というと疑問を覚えます。

 こうなったらamazon万能説に頼るしかないですが、
アダプタの類は純正品でないとモロに響きますので、
多少高くても仕方ないのか?と思ってしまいます。

 何がベストな手段なんでしょうね。

 さて、
科学未来館から去り、
水上バスに乗って浅草まで向かいます。

 途中で豊洲に寄ります。

2019011601.jpg

 水上バスの中はカップルと家族だらけでした。

 1人なんて自分しかいないです。
 寂しいです。

2019101602.jpg

 迎えてくれるのは立て看板だけです。

 水上バスは前と異なりますが、
大体構造は同じです。

2019011603.jpg

 上から見える空がまぶしいです。

2019011604.jpg

 台場の船着き場を出ると、
レインボーブリッジをくぐっていきます。

2019011605.jpg

 豊洲につきました。
 橋が上がっています。
 こういう橋を見るのは初めてです。

 ここが途中の停車駅ですので、
一旦人が入ってきます。

 そして浅草へと向かいます。

 続きは次回以降で。