真緑の世界。

 今日は全員早退(打ち合わせの為)だったので、
いつもより早く切り上げてきました。

 その分企画書やら何やら作っておかないとですが、
今は少しくらい休んでもいいよね?な感じになっています。

 資料に関して目途がついたので図書館で予約し、
その間に色々と水面下で動いています。

 その辺は後日公開します。

 さて、
今週の日曜日にさいたま市の園芸植物園に出かけてきました。

 前々から「さいたま市」に植物園があると聞いて目をつけていたのですが、
どうにも微妙に交通の便が悪く、
なかなか行く機会に恵まれませんでした。

 で、
行ったのが植物の葉っぱも生えていなかろうな微妙な季節の今週日曜日でした。

2016030701.jpg

 公園に着いて自転車を置き、
早速中に入ると盆栽があります。

 盆栽と言う物は理解できるようで理解できない、
不可解な物です。

 大宮に行けばもっと見られます。

 大きく分けてエリアは外と温室とに分かれています。
 温室は3つありまして、
無料で入れますが署名が必要になります。

2016030702.jpg

 椿展と言う事で、
椿が展示されていました。

 椿と言いましても、
品種はありややこしい事になっています。

 交配させやすいので品種が増えていくのは仕方ないです。
 品種だけなら自然の物ではランがぶっ飛んでいるくらいに多いです。

 因みに、
人工改良の品種なら朝顔が1600種類くらいあります。

 どれだけ作れば気がすむのでしょうか?

2016030703.jpg

 温室の植物園には必ずある蘭の花です。

 ラン自体は熱帯植物と言うイメージがありますが、
実は高山に生えている物もありまして、
こいつは逆に暑さに弱いと言う同じ蘭なのによく分からない奴がいます。

 2016030704.jpg

 大きなポインセチア……らしい何かです。
 下の看板には「ストレチア」と書いてあったのですが、
どう見ても品種が違う気がします。

2016030705.jpg

 彼岸花っぽい花ですが、
品種が書いてないので何ともな感じです。

 食べたら苦そうです。

2016030706.jpg

 非常に大きな葉です。
 こいつは(推測ですが)タビビトノキです。
 実際にはもっと大きくなるらしいですが。

 温室内にはオウムが折りに入っていまして、
よく鳴いていました。

 オウムと言っても南国にいる様な大きなオウムなので、
手を出したら指が切断レベルのケガをします。

 そんな物騒な生き物を置くなと突っ込みたくなります。

 続きは次回以降です。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

朝顔が江戸時代に流行ってめったやたらに新しい品種づくりをして、ものすごく種類があるというのは知っていましたが……椿もそうなんですね(笑)

オウム怖い(゜o゜)

Re: No title

 コメント、ありがとうございます。

 朝顔と異なりまして、
椿は簡単に交配出来るので品種改良が楽だったようです。

 但し、
木なので育つのに時間がかかりますが。

 オウムはインコの様な手乗りレベルではないので、
(南の島にいるあの大きなオウムです)
噛まれたら大変です。

 だったら、
もっと目の細かい檻に入れて下さいと思うのは自分だけですかね?
プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

04 ≪ 2024/05 ≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる