雑談記雑談
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
もう疲れました。
 義兄の元に髪を切りに行きました。

 予約していた時間が15時と非常に半端な時間だった為、
前後で近場の図書館を探して資料を手に入れてきました。

 初めて行く図書館でしたが、
コピーサービスが妙にいい加減だった気がします。
(普通は立ち会いませんかね?)

 不眠による疲労の蓄積により、
もう休みたいと体が悲鳴を上げている状態です。。

 今でも意識が朦朧としています。

 そんな中でも作業をやらなければならないのが辛い所です。

 停滞に停滞が重なっているので、
今回は引き延ばしと言う事でバトンとします。

 本当に停滞していて済みません。

 やっぱり季節の変わり目は体調が悪くなりますね。

一緒に物語を作って♪part3バトン

Q1 突然、強い風が吹いた。
A1 吹き飛ばされた所でサメに喰われて死にました。
Q2 空色の瞳がそれを目線で追う。
A2 空色って何色よ?
Q3 白い手を伸ばして掴もうとした。
A3 そりゃあ死んでるんだもの、血が流れてないのも仕方ないね。
Q4 空色の瞳が白い手を見つめる。
A4 俺、死んでるじゃん!
Q5 それから風の吹いたほうを眺めた。
A5 あそこにいるのは神様だ!
Q6 それを空色の瞳が悲しげに見つめる。
A6 もしかして、異世界に連れて行ってくれないんですかね。
Q7 振り返った先に一人の少年がいた。
A7 実は俺が神だよ。
Q8 「大丈夫」
A8 最強のステータスで転生させてやろう。
Q9 白い手が掴み損ねたそれを手に取る。
A9 掴み損ねたのに手に取れる必殺魔法なのさ!
Q10 「ありがとう」
A10 俺のスマホと一緒の冒険はこれからだ!

このバトンに回答する / 回答した人を見る

書こうか否かの葛藤。
 点字図書館に行ってきました。

 ある程度読み書きを習得した(つもり)なので、
問題集でも買ってこようかと思ったのですが、
適当なものがなく、
夕立の雨に降られながら戻ってきました。

 点筆もそれなりのいいものがありましたが、
やはりといいますか値が張る物が多く、
さすがにそこまでお金を出すのはと思いました。

 で、
そこに行くまでに行くところがあったのですが、
そのへんについてかなり書こうか書くまいか悩みました。

 で、
写真を見たら数が余りに少ないのでやめると……言ったな、
ア レ は 嘘 だ。

 ネタ元が元なので、続き似て書いてあります。
[書こうか否かの葛藤。]の続きを読む
妙な味です。
 ついにしるこサンドを入手しました。

 何軒ものローソンをさまよい、
発見して保護してきました。

 お値段は100円でした。
 待ちきれずに開封してしまいました。

2017080401.jpg


 早速食べてみますと……普通のビスケットです。

 ほんのり甘いと言いますか、
僅かに小豆の味がする程度です。

 で、
食べ続けていくと……甘さがボディブローの如く溜まってきて、
あんこ味の何かを食べている気分になります。

 いい感じで美味しいです。

 これは、
はちみつキャンディに次ぐ常備食になりそうな予感です。

 そしてここで思います、
「あんこ」が入っているビスケットは洋菓子なのか?和菓子なのか?と。

 アンパンは洋食なのか和食なのか?に通じる永遠の課題がまた一つ増えました。

 アンパンは薬物だと言う話は除外します。

 さて、
今日の通勤途中で見た「異世界スマホ」を見て一言思ったのは、
「やっぱり中学生が書きなぐった無作為な小説だな」でした。

 桃太郎が延々と仲間を集めて鬼を討伐した苦労を、
4話でやってのけてしまったようです。

 そしてスマホは何処に行ったのかさっぱりです。

 そこで考えました、
「改めてなろう系とは何なのか?」を。

 この恐るべき哲学を、
明日納品しなければならない仕事を延々とやりながら考え、
中二病に感染した中学生の如くノートに書き殴りました。

 とりあえずざっと抽出すると、
「バックボーンが薄い」
「使い捨ての設定が多い」
「縦の関係より横の関係が強い」
「現実的な問題をなかった事とする」

 ……なんかすごい嫌な事ばかり書いている気がします。
 これ以上書くとなろう系あるあるになりますので、
詳細をざっと書いて行きます。

 バックボーンの薄さは世界観の薄さでして、
経済や歴史、
文化などが完全に存在しない物としているという点です。

 そんな物をいちいち書いていたらきりがないのは分かりますが、
火葬している所でゾンビが出てきたり、
ソード(西洋の剣)と刀が同時に存在する国(何処の国と交流しているかは一切書いていない)があるのを考えますと、
もう少し考えようよと思います。

 使い捨ての設定と言うのは、
その場しのぎの設定でして、
「特定の状況が発生する」→「何で出来るのか」→「だって○○だから」と言うのが大抵の設定ですが、
これがない上にあっても一貫していない(下手をすると次の行で矛盾した設定が書いてある)と言う、
小説としてどうなんだ?なのが多々あります。

 単純に忘れているならまだしも……
そこに突っ込むのがなろう系の面白さかもしれません。

 縦より横の人間関係が強いと言うのは、
上下関係になる主従より恋人や友人関係が強調(もしくは優先)されると言う面でして、
現実世界ではあり得ないであろう展開でもあります。

 その為本来上司の立場でもため口だったり、
指揮官の行動を無視をしたりな言動が多いです。

 主人公が上に就くと皆大人しくなるのは仕様です。

 最後に現実的な問題を亡き者とするのは、
「物語開始前の主人公のバックボーン(行動に伴うデメリット)をなかった事にする」と言う点です。

 言うまでもなく主人公にも家族や友達がいる訳でして、
履歴もあります。

 こいつが全部なかった事になる訳です。

 主人公が行動する事で今まで一緒にいた人間はどうなるのか、
世界はどうなるのかはお構いなしです。

 何故なら俺が神だから……いえなんでもないです。

 前は話の展開から考えてみましたが、
今回は上っ面から考えてみました。

 何でこんな事をするのか、
小学生の自由研究レベルな話ですが知っておけば「なろう」で書く時に、
こういうのが主流だとなんとなくわかるかもしれません。

 そうなれば試験に出ても対策が撮れるかもしれません。

 次の作品にもこの要素を入れてヒットを狙いますかな。

 ああ、
そうそう「突然死んで異世界」「VR空間で現実の死がある」「魔法が異様に強い」「オタクが大活躍」と言った物は入れてません。
 そういうのは別ジャンルの話ですから。
入れ替え作戦。
 今日は非常に蒸していて、
しかも雨が降っていて出かけるのに非常に参りました。

 曇りなので涼しいと思ったのですが。

 夏なので水分補給も必要という事で水筒を持っていくのですが、
異様に重く、
山登りに行っている感覚になります。

 ちなみに勤務に行く時は10Kg以上荷物を持っていきます。

 バイトなのでいつ辞めてもいいよう、
道具は全部カバンに詰め込んでいるので。

 さて、
秋葉原に出向いた理由として、
新しいUQ端末を買いに行ったためです。

2017072302.jpg

 落としまくっているのでヒビだらけです。

 性能は理論値100K位まででして、
アンテナの具合もありまして変更を決めました。

 決めましたが機種変更をするには一旦解約しなければならず、
更にUQはクレジットカードのみの契約となります。

 その為、
解約は無理だと気付きガワだけを交換することとしました。

 SIMカードを交換するだけという理論ですが、
本当にできるのか?と悩みつつ秋葉原に向かい端末を買ってきました。

2017072301.jpg

 端末だけなら1万円で釣りがくるくらいの値段です。
 ちなみに理論値の最高は370Kです。

 で、
端末の電源を切ってSIMカードを抜き取り、
入れ替えてみますと……普通に動きました。

 動画を見てみますとなんとなく早い感じです。

 実際に測定してみますと倍くらいの速度で出ています。

 これなら普通に動画を見る分には問題ないでしょう。

 Wi-Fiは機種変をする時は普通に足で空の端末を探したほうが安そうです。

 いうまでもなく自己責任になりますが。

 新機種ではノーリミットモードがないので容量に気を使わないとです。

梅雨が明け。
 梅雨が明けました。

 雨が降らないばかりか、
勤務先で雹が降るというアレな状況でした。

 今年は何か変かもしれません。

 ニンテンドー3DSですが、
ヒンジの破損ということでオンライン修理に出しました。

 京都までの宅配の値段が高めですが、
その分オンライン修理の5%引きが待っているので少しは帳消しになりそうです。

 さて、
3DSを修理に出している間は当然絵心教室ができないので、
絵を学ぶ事ができません。

 いわゆる自習でタブレットとペンで絵を描く事となります。

 アプリはアイビスペイントがいいらしいのでこいつにし、
後は3DSと同じくモチーフとなる写真を取り込んでこいつを基に色鉛筆で写生……ですかね。

 3DSみたいに二画面でできればいいのですが、
調べると出来ないっぽいのでトレースが基本となりそうです。

 ちょっとがっかりです。

 後はそろそろ点字の教本の全工程を終えるので、
新しい教本を探さないとです。

 別に資格を取るわけではないですが、
やるからには最後までやっておかないとです。

 後はCGを……(ぼそ。

 とりあえずすべてが停滞していますので、
バトンを軽く。

花言葉にそってバトン

Q1 悲しい思い出 (彼岸花)
A1 そ、それは中学時代に書いた小説のノート……!
Q2 聡明、賢さ、知性 (ムラサキシキブ)
A2 ヒャダインよりマヒャドを先に覚える程度の頭です。
Q3 乙女の恋、純心、謙虚、調和 (コスモス)
A3 ウルトラマンのこいつは名前的に卑猥。
Q4 明日に希望 (アネモネ)
A4 今まで、ずっとずっと我慢してたんだよ!(意味不明)
Q5 孤独な思い (エリカ)
A5 孤独じゃない、孤高系なんだ!
Q6 追憶、信頼 (シオン)
A6 昔はよかった……ゲヘヘ
Q7 貴い記憶 (エーデルワイス)
A7 絶滅危惧種なので存在自体が記憶のかなたに……
Q8 この身を捧げます (アセビ)
A8 おう、今すぐご奉仕しろや(三流下衆並感)。
Q9 青春、私を信じて (クロッカス)
A9 中学生日記を見ると人間不信になります。
Q10 最後に感想をどうぞ!
A10 アセビとクロカッスか……実装まだかな(え?)

このバトンに回答する / 回答した人を見る