雑談記旅行
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
タブレット。
 タブレットの横と縦が識別できなくなってきました。

 横にしても横にならず、
縦にしても縦にならずです。

 更に偶に液晶に触れても識別できなくなってきました。

 5年近く使っている関係で寿命っぽいのでそろそろ買い替え時かも知れません。

 と言う訳でざっと見てきましたが、
高性能な物ですと3万円を越えます。

 更に手ごろサイズの7インチがなく、
8インチが一般的なようですからちょっと高めになるようです。

 3万円で数年使い倒せるレベルのタブレットを手にするか、
そのままソフトウェアを使ってだましだましでやっていくか……どちらにしようかな?

 さて、
榎本牧場ですが牧場なだけに牛はいます。

 その前に搾乳(意味深)な所を公開します。

 牛の搾乳はある程度自動化されていますが、
それでも人の手を介する必要があります。

 今回初めて見たそれは強烈でした。

2018022401.jpg

 全自動搾乳機(意味深)。

 一見すると只のNC旋盤にしか見えないのですが、
牛は定位置に立っているだけで自動で搾乳します。

 酪農にも最新技術の波があったようです。

2018022402.jpg

 乳の位置をセンサーで感知してカップをはめていきます。
 衛生的ですが、
手で搾乳していた夢の映像からかけ離れた気がします。

2018022403.jpg

 その後の牛。
 食べては寝て、
糞尿を流すと言う状態です。

 後ろはベルトコンベアがありまして、
どうやら掃除した際に排泄物を乗せて流せる形式の様です。

 見学している時にも滝のような尿を流している牛がいました。

 匂いもありますので、
一見して汚いと言うイメージがありますが、
実際にはそこまで汚くなく、
むしろ綺麗な感じでした。

 機械化されているなと思うと同時に、
西部劇みたいな牧場と違うなとも思えてきます。

 後はいくつか写真が残っているので、
次で全て公開して終わりとします。
孤独から脱却。
 昨日からずっと10年前の頃を回想し、
これからの目標をどうするかと考えていました。

 10年と言うブログ開始からの年月を考えますと、
じり貧になっているのは確かです。

 元々創作活動の幅を広げて孤独な状況から抜け出して行くのが目的だったのですが、
(要は友達1人出来るかな?と言う奴です)
10年経っても達成できず、
そればかりか更に常連の方々も去っていき、
一人に戻っていくと言う酷さです。

 まあ、
年月が経過すれば恋人や家族が出来るのは必然ですから、
鉛筆みたいにガリガリ削られていくだけの自分の方が珍しいのですけどね。

 子供のころの夢を見過ぎる余りに過去において行かれるとは、
正に正しくギャッツビーな気分です。

 最後に勘違いで殺されないようにしないと。

 さて、
先日の旅行の詳細を書いて行く事とします。

 まずは荒川を上って行きまして上尾にあります榎本牧場に行きました。

 とりあえず自転車修理が一応終わったのと、
余り出かけなかったのでリハビリと言う事でここまでを目標としました。

2018021902.jpg

 予め書いておきますが、
場所は上尾……さいたま市の隣です。

 そして墓場の近くと言うシュールな所です。

 埼玉は大宮を越えると田舎と言いますが、
田舎と言うレベルではなく埼玉どころか東北地方に入ったようです。

 東京都の練馬にも牧場がありますが、
都会の一角にある場所とは違った「牧場な牧場」です。

 中は牛の牧場があるのは当然ですが、
前の写真であります売店でアイスクリームやヨーグルトを売っています。

 牧場産なので美味しいですが、
逆にそれ以外の食べ物はないです。

 よって食事には向いていません。

2018021903.jpg

 牧場の中は見学できますが、
生き物がいるのでフラッシュは厳禁です。

2018021904.jpg

 ブタも飼っています。
 ブタはミニブタでして、
これでも大人です。

 何でも食べるので汚い動物に思えますが、
実はかなり綺麗好きです。

 牧場の宿命で匂いが凄いですが、
慣れればどうと言う事はないです。

 草食動物の糞尿はそこまできつくなく、
(肉食動物の糞の臭いは半端じゃないです)
まだ嗅げるレベルなんですよね。

 他にも動物はいるのですが、
その辺は次回以降の更新で。
当然でしょ。
 なろう作家の筆力が落ちていると言う記事を見ました。

 なろう作家と言うのはプロが合間に書いているPixivみたいなのを除けば、
殆ど素人なのですから文体がおかしいのは至極当然です。

 そんな人間の作品を書籍化しようとすれば、
添削でまっ赤になりますし、
そんな原稿を見た素人は大抵書くのをやめます。

 素人は自分の快楽で投稿しているんですから。

 かくいう自分もその一人でしてね。

 将来的には自分の書いた絵がpixivに上げられるほどに上手くなって、
書いた小説が上手くなってちょっとした話題に……なる訳ないですよね。

 うん……才能がないのは辛いです。

 さて、
科学未来館での講演の一件につきまして続きとなります。

2018021501.jpg

 発達障害の原因となりますが、
未だにわかっていないそうです。

 と言っても脳に何らかの疾患があると言うのは確かなようで、
その辺は他の精神疾患と変わらないようです。

 余談ですが発達障害と言うのは余りにも漠然としている為、
度々名前が変わっています。

 ASD、ADHD、ADDなど……調べれば調べる程細分化する意見が一般的なようですが、
原因が分からない以上は症状ごとに分けずに一括して同じとみなすと言う意見もあります。

 俗に言えば「風邪」と同じです。
(風邪は病気の初期症状が複合している状態を一括したものです)

2018021502.jpg

 最後……

 自閉症は発達障害のうち、
IQが低い物をさすのは前に書いた通りです。
(平均値になるのは汎性、高いのはアスペルガーです)

 只、
IQ自体が漠然としたものなので区別が良く分からず、
仮に出来たとしてもコミュニケーションが取れない(厳密には取りにくい)と言う症状は同じなので分ける意味があるのか?と思ってしまいます。

2018021503.jpg

 現時点では前述した通り、
脳に何らかの欠陥?があるのが通説の様です。

2018021504.jpg

 原因はよく分かりませんが、
一応の対処方法のような物はあるようです。

 只、
ここでの対処は発達障害を「治して正常にする」と言う点でして、
発達障害の人間が社会に適応する様にするのとは異なります。

 正常に治せばすべて解決するのか?と言うとそうでもないのがここの厄介な所でして、
発達障害を持っている為に開花した才能を持つ人間を「戻す」必要があるのか?と言う点、
何を発達障害とするか漠然としているのに勝手に薬物を投与したり隔離したりして良いのか、
発達障害は障害ではなく個性ではないのか?と言う点など、
議論が尽きません。

 また、
精神病を直すと言う名目で行われた精神外科手術が倫理的に問題になったケースもありまして、
正確に直結する物を無暗にいじっていいのか?と言う話にもなります。



 一番現実的なのは発達障害を持つ人を隔離するか、
適応できる社会を作るかの2択になります。

 どちらも理想だけで厳しいものですけどね。

 まあ、
ADHDとアスペルガーの可能性が高いと言われた人間からすれば、
どうでもいいんですけどね。

 何をしても、
誰からも相手にされないのは変わらないんだし。
風邪をひいたっぽいです。
 風邪をひいたっぽく、
頭が痛く寒気がして手が震えています。

 体力的に弱くなっている感がありますが、
それでも仕事を休むわけにもいかないので体調を取り戻さないとです。

 さて、
今日は体調不良気味なので簡易更新とします。

 風邪を引いたにもかかわらず、
関わらず……牧場に行ってきました。

 練馬にある所ではなく埼玉にある榎本牧場という場所です。

 本来なら森林公園まで行きたかったのですが、
まだ寒いのと体調の兼ね合いからここまでとしました。

 ナビの調子が非常に悪く、
ほぼマップが更新されないという恐るべき不具合に泣かされながら来ました。

 サイクリングコースの近くにあることもあり、
自転車乗りの聖地ともされている場所でして自転車置き場が充実しています。

2018021201.jpg

 売店がありまして、
中にはジェラートとヨーグルトを売っています。

 他に食べ物がなかったので空腹にはこたえました。

 とりあえずミルクとチョコレートをダブルで頼み食べました。

 さすが牧場産、
凄くおいしいです。

 牧場の中はある程度見学ができまして、
全自動乳搾り機なるものもありました。

 この辺はやっぱりといいますか、
次回以降の更新とします。

 ちょっと調子が悪く、
画像を選んでいる作業もきついのですみません。
盛り上がらないです。
 オリンピックが始まりました。

 と言ってもこれと言って盛り上がっておらず、
職場でも誰一人として話題にする人はいませんでした。

 元々冬季のオリンピックはぱっとしない印象があり、
日本で活躍できる選手はほとんどいない事もあってもう国内大会でいいんじゃね?
余りいい印象がないです。

 と言うより国内は雪が凄くてそれどころではないと言う……

 全てにおいてタイミングが悪すぎたとしか思えません。

 メダルはほとんど期待していませんが、
一応取れれば取ってほしいですね。

 さて、
科学未来館で行われた、
発達障害に関する講演に行って参りました。

 今やブーム……どころかコミュ障の万能な言い訳と化している発達障害ですが、
漠然としていて詳細なメカニズムが分からないと言う人もいると思います。

 そこで少しは理解できるよう解説を踏まえて講演の内容を説明します。

 後半は寝てましたが。

 そんなこんなで科学未来館に行ってくると非常に混んでいました。

 自分は会員なのでするりと入れましたが。

 講演が始まりまして、
ざっと説明が行われます。

 左側は喋った言葉を文字に出来る機械がありまして、
プロジェクターを通して映ります。

 結構便利ですが誤字が多少あり、
専門用語に至ってはほぼアウトです。

2018020901.jpg

 発達障害についての説明です。
 大きく3つありまして、
「ADD」「ADHD」「ASD」となります。

 どれがどれだか厄介ですが、
要は「学習しにくい」「落ち着きがない」「他人の言動が理解できない」と考えれば問題ないです。

 どれも被る事がありまして、
実際の所これだけと言うのは有りません。

 落ち着きがなく学習能力が低い事もあります。

 一般的に「アスペ」と呼ぶのは「ASD」となりまして、
このうちIQが低い物が「自閉」となります。

2018020902.jpg

 大まかな共通事項としてコミュニケーション不全と過敏な感覚があります。

 前者の場合、

 他人のたとえ話や冗談が理解出来ずに額面通りに受け取ってしまう、
(頭を冷やせと言ったら本当に氷水を被る、やる気がなければ帰れと怒ったら本当に帰ってしまう等)
ルールが理解できず、略した言葉の文面を適当に解釈してしまう、
(お弁当を温めますか?と言う店員の言葉に対して、自分が家から持ってきた弁当を温めるサービスだと思い込む)
他人の思考が理解出来ずに事実だけで物事を判別する、
(絵や小説を読んでも何も想像できないので、意図が理解出来ず只の記号にしか感じない)
と言った点があります。

 後者は光や音、味など、
特定の感覚に対して過敏で極端に避けようとするケースがあります。

 多いのが味と音でして、
偏食が多く、
些細な音でもうるさく感じて神経質になりやすくなるそうです。

 一般的に「自閉」と言うのは発達障害のうち、
IQが低い発達障害を差します。
(ここで言うIQとは頭の良さではなく、知能の平均値を100としてどれ程物を識別出来るかを示す値です)

 自閉と言う名称から引きこもりと言うイメージがありますが、
実は快活な人間も多いです。

 と言ってもしゃべりまくりで他人のことなどお構いなしですが。

2018020903.jpg

 要因としては遺伝子説や脳の障害説、
体内の細菌による作用の説とがあるそうです。

 でもどれも確定とは言えませんが、
発がん性物質のように「どれも原因である」と捉える事も出来ます。

 次回以降に続きます。