雑談記2020年05月20日
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
読む価値はないのか。
 電子書籍読み放題、
その他諸々をざっと調べてみまして、
電子書籍コンテンツはコミックだらけだなと感じました。

 電子書籍の読書傾向として、
コミックが8割、
次いで文芸とライトノベルと続きます


 意外にライトノベルが少ないです。

 で、
なんでこんな物を調べたかと言うと、
電子書籍市場は不況だと聞き、
本当かどうかちょっと確かめてみたのです。

 海外では値が張る専門書が多いと聞きますが、
実際にはよく分かりません。

 専門書が日本で売れないのは図書館が比較的近い場所にあり、
手軽に閲覧できるのと線が引けない、
データなので読み直せない(リーダーによっては上限が決まっているので、
消してはダウンロードを繰り返す必要がある)しページもないので引用もできないと、
欠点だらけです。

 軽く見ているだけのコミックが売れるのは当然かと。

 でも同じ軽く見るだけのライトノベルが意外に売れていないのは……元々ニッチだからでしょうか。

 紙と同じく、
書き込みが出来て無尽蔵に保存ができる、
ページがきちんと表記されるというのは、
案外難しいのかもしれません。

 さて、
小説ですが企画書の作製を終えました。

 企画書はこちら

 と言っても第一稿で、
これから検討を行い書き直していきます。

 書き直しが終わり次第、
流れ図作製に入りますが、
その前に図書館が再開するかもしれません。

 そうなったらこちらが凍結ですね。

 時間との戦いです。