複雑怪奇。

 小栗虫太郎の小説「潜航艇「鷹の城」を読み終えました。

 かの有名な奇書「黒死舘殺人事件」の続編でして、
やっぱり難解極まりなしでした。

 黒死館殺人事件が暴騰1ページでダメなら、
もう読めないといわれているほどの文書(小説とは言いません)の続編ですから、
当然作者の趣味全開の怪文書と知識のひらかし&推理はものすごいシンプルという、
よくわからない内容になっています。

 漫画でいえば異様な書き込みとセリフの膨大さとルビの多さで読みにくいくせに、
話が非常に簡単という、
そんな感じです。

 小栗虫太郎は人外魔境のような冒険小説がよかっただけに、
推理ものになると食い合わせが悪いのでしょうか。

 でも横溝正史の代筆をしていたくらいの実力がある人なので、
やっぱりよくわからないです。

 さて、
小説ですが2KBほど進めました。
よって、
大体34KBほどになりました。

2021y11m25d_210339542.jpg

 話自体はさほど進んでいませんが、
取りこぼした設定に関する内容があったので、
その辺を書き足した次第です。

 2021y11m25d_210312772.jpg

 プロット自体は1年以上もかかっただけに、
その通りに進めれば案外サクサク進むのですが、
予定通りにいかないのもまた確かです。

 その際にはSSの通り抜き取ったり、
設定を書き加えたりしてコントロールします。

 その程度で済めばいいのですが。

 シナリオは予定通りに書けることはないとどこぞの人が言っていましたし、
変更と修正も考慮しないとです。

テーマ : 文学・小説
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

10 ≪ 2021/11 ≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる