現実の死と仮想の死。

 朝早く出かけようかと思ったのですが、
朝起きたのが10時くらいだったため、
殆ど近場で間に合わせざるを得ませんでした。

 最近、無計画が多くて情けないです。

 今回は比較的アレな話でもしようと思います。

 ツイッターを止めたのは以前書いたとおりですが、
その後、関連アプリにログが残ってしまい少し困っています。

 ネット上ですと、
ログが残ってしまうのは仕方ないですし、
これを完全に除去するのは不可能に近いので、
もう放置するしかなさそうです。

 厄介なのは放置し、数年立っても劣化せずにそのまま残ると言う事で、
(スピルバーグ監督の言葉を借りるなら)デジタルは基本的に劣化しない為、
その人がいつ発言したものか、書き込んだものか分からない状態になります。
(発言の日付が残ると言う人がいますが、日付自体が正確とは限りません。)

 つまり、その人が仮に現実で死んだとしても、
ログ自体が消えず、更に日付も確証出来ないのですから、
そこに留まり続ける事になります。

 つまり、ネット上でさまようゾンビになる訳です。

 例えば、
当人が亡くなっているにもかかわらず、
存在しているブログに延々と書き込む等……

 特にツイッターでBot(自動的に書き込みをするシステム)と化していると、
尚の事、その人が生存しているのか分からなくなりますし。
(実際には書き込み元で判明しますが、
アプリによっては分からない事もあります。)

 なんだか不思議な話です。

 何故自殺?と言う人がいますが、
これは、

 例え自殺しても、そのシステムが生きている限り、
その人間が生きた痕跡が延々と残ってしまい、
死んだと言う認識が伝わらない、
死んだのかすら分からないまま、
葬りさられてしまう訳です。

 まして、自殺で生きた証を消そうとも、
消えずにくっきり残り続ける生の証……

 ネットで新しい都市伝説でも作れそうです。

 以上、取りまとめのない話で申し訳ありませんでした。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

01 ≪ 2024/02 ≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる