見に行ってきました。

 draftsightでデザインセンター機能がなくて焦っている今日この頃です。
 解説本買うしかないのかしら?

 本日くらいしか暇な時間が出来ませんでしたので、
映画を見に行きました。

 アニメの。

2012121401.jpg

 こんな映画を観に行っちゃうなんて物好きですね、
何て言われてしまいそうですが観たい物は観たいので行ってきました。

 新宿の上映館に向かったのですが、
複数階になっていまして何処でチケットを頼めばいいのやらかなり迷いました。

 結局下の階で注文し、
後は喫茶店で時間をつぶして来てみました。

 感想諸々はネタバレが含まれているので続きで。
 世界的には監督が監督なだけに、
アレの舞台の前の世界となります。

 パンフレットにも書かれていますように、
今のアニメのような「テレビ」から「劇場」への流れにありがちな、
「予備知識ありき」で一見さんお断りのようなものではなく、
劇場版オリジナルの「知識なし」で見られるように配慮していまして、
意外に丁寧な描写になっています。

 監督独特の、
合理的なせりふ回しは賛否分かれそうですが。

 全体的に2D3DCGは余り使われておらず、
(あくまで一部の演出として使われている程度です)
画質と音質共に非常にクリアでノイズのような音は一切なく、
台詞や歌がはっきり聞き取れます。

 本作のメカ……ゴティックメードと呼ばれるロボットの描写ですが、
これも前述した通り綺麗で格好いいのですが、
同時にかなり「怖い」です。

 アニメのメカ描写と言いますと、
どうしてもスタイリッシュ&スピード感を優先させるため、
機械的な動きや関節の駆動を取り除く事が多いのですが、
(所謂機械がアイドリングをしたり動き出すまでのラグを起こしたり慣性による不自然かつ急激な停止、
関節駆動による他のパーツへの影響等)
本作ではそれを「あえて」描写しています。

 これもパンフレットに書かれています通り、
ロボットとしてではなく「兵器」として徹底的に書いたとの事ですので、
かなりガクンガクンした動きになっています。
(フレームレートがなくてカクカクしているのではなく、
機械的な動きで滑らかにガクガクしているので不気味に見えます)

 その為、
スタイリッシュなアクションシーンを期待していると肩透かしを食らいます。

 戦闘シーンはかなり泥臭く、
しかも一瞬で決まります。

 その代わり、
今のロボット物にはない「重さ」「機械部品の集合体としてのロボット」を強く感じます。

 例えますと一昔前の特撮に近い感じです。

 上記の理由で、
今時のスタイリッシュでカメラワークが激しく、
狡猾無形な動きを見せるロボットアクション映画としてみますと?な感じになります。
(特にマクロスF辺りを見た後に見ると本当に泥臭く見えます)

 また、
ストーリーは「辺境で巫女の少女」と「一人の王位継承者の青年」を通して、
責任と使命と言う表裏一体の物を問う話ですので、
ロボットが最初から戦っているシーンはなく、
派手さもあまりありません。

 各シーンは結構ぶつ切りなのですが、
その分無駄なシーンが一切なく、
本当に手を抜かずにシーンごとに丁寧に作られているのが見ればわかると思います。

 上映館が非常に少ない上に、
時間も短い(70分です)のですがクセはあるけど丁寧な映画を観たい、
もしくは今のロボットアニメって機械駆動やパイロットの状況全部無視してね?
な突っ込みを入れたい人であれば見た方がいいかな?と思います。

テーマ : 見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

02 ≪ 2024/03 ≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる