コンセプトなどを書いて行くと。

 今日は掃除機と電子レンジをざっと見に行きました。

 値が張る物からそうでないものまで、
色々とありました。

 コマンドーが好きなだけに、
ニコニコ動画でコマンドーMADをよく見るのですが、
最近ではアニメにシュワ映画の吹き替えを組み合わせてシリーズ化するMADが流行しているようです。











 他にもあるのですが、
これ以上貼ると重くなりますのでこの辺で。

 荒い物から見事なものまで、
それなりにあるようです。

 前に書いた作品の反省文諸々の後半ですが、
実際の所作品は描き終わればそこまでと言う感覚がボクには強いので、
そこまで書く事が少ないです。

 元ネタとか、
こういう構成を意識したとか書いても所詮アマですから、
パッとしませんし。

 でも一応書くと書いたので書いておきます。
 あくまでさわりレベルで。 

 構成と言うのは、
前に書いた通り一人の人間の考えを徹底的に掘り下げていくという物でした。

 その中から欲望という物を掘り出し、
それを自らの手で消し去っていく。

 という形にしていました。

 宗教的な悟りへの道と言った感じです。

 当初、
主人公は最終的には欲望=希望が消え、
生きる道を失い廃人となる予定でした。

 そして若者に金をむしり取られて川に投げ込まれて終わると言う、
ある意味今の物よりも救いがない形に構成していました。

 でもそれをやると、
主人公が最後に死ぬ形となってしまいます。

 個人的には主人公は死なないと言うのが基本ですので、
(主人公が死ぬとラストを補完する役目をするキャラクターがいなくなり、
話がまとまらなくなってしまう為です)
代わりに誰かに補完してもらわなければならなくなります。

 その為、
天使を1柱置き、
こいつに話を補完する形にしました。

 但し、
こいつを最後にいきなり出すとゼウス・エクス・マキナになってしまうので、
最初にこいつを出す場面を作らなければなりません。

 その為、
最初に天使を登場させるシーンとなっています。

 こういった一人の人間を掘り下げていくと言う物は以前の作品でもやったのですが、
その場合は外部の人間が掘り下げて行く形式でした。

 その時はその人間を調べるシーンを加えなければならず、
延々とその調査にシーンの割を食ってしまう事が分かりました。

 また、
関与している人間の状況も加えなければならず、
色々な人間の思惑を書かなければならないと言う、
面倒な構成になる事も分かっています。

 あくまで主人公を軸に据えた方が楽で分かりやすいので、
その方向にしていきました。

 色魔に関しては主人公の他人に対するコミュニケーションの手段を表わしていまして、
それぞれが音楽を共有する、他人を経由する、その人が持っている情報を使う、暴力で屈服させる事を意味しています。

 色魔も当初は魔法少女シリーズからネタを取っていたのですが、
あからさまなのはどうかと思い、
プロットを練り直す時に名残として残しておく程度にしておきました。

 また、
世界を滅ぼすようなスケールにしようかとも思ったのですが、
「幾つもの自称で成り立つ世界を、たった一つの事象で滅ぼされてたまるか」と言うボクの意地で、
あえてミクロな世界で構成する事にしました。

 それはそれで良かったのではと思っています。

テーマ : 創作シナリオ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

02 ≪ 2024/03 ≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる