未来は何処に分岐する?

 午後のロードショーで「JM」を放送していたので録画してみました。

 あの「ニューロマンサー」の作者の映画ですよ、
原作者が直接脚本書いてるのですよ!


 ネットでの評価は散々でしたが、
殆どの評について考えてみますと「今の基準で当時のSFを見るとローテクに見える」と言った感がします。

 確かにCG全盛のSF物としては埃臭くて泥臭いですし、
脳の容量がGB単位だったりテレビモニタがブラウン管だったりします。

(脳に入れるならUSBメモリに入れればいいんじゃね?で終わります)

 でも当時はフロッピーディスクがメインの1Mで数100Mがあり得ないほどの大容量と言う時代でしたし、
スーパーファミコンが出て間もない時代でしたから、
(若い人には信じられないかもしれませんが、3DCGで躍動感があるバーチャファイターを始めて見た時の衝撃は本当にすごい物でした)
当時としてはそれでいいのかな?と思います。

 バックトゥ・ザ・フューチャー2にしても、
カバーがないどころか本がデータになって薄い板に配信される時代が来るとは予想してなかったと思います。

 流石に浮かぶスケボーはありませんが、
セグウェイと言うマシンが存在する時点で凄いと思います。

 そういう意味では、
アシモフの言う「SFとは現代の延長線上にあるもの」と言うのも頷けます。

 当時のSFが見た未来を「古臭い」と言ってしまう未来が今に存在するのは凄い物だと思います。

 さて、
シナリオですが本文を24KBまで書きました。

 もう終盤です。

 殆ど始業前(大体30分以上前に会社に着きます)と昼休みにタブレットを使って書いているのですが、
かなりキーボードのタッチが良くサクサク進みます。

 話の筋が決まっているので、
能動的に書くだけと言うのもありますが。

 但しメモ書きに違和感のある部分と直す部分を書いていますので、
書き終ったらここを書いて見直すことになります。

 いう間でもなくタブレットで打っている関係で、

2014y10m22d_195002348.jpg

テキストが訳の分からない事になっています。

 一旦書き終ったらコードを直さないと駄目ですね。

テーマ : 創作シナリオ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

01 ≪ 2024/02 ≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる