思い出したかのように。

 先日、
間違って以前落ちた企業にエントリーを送った件ですが、
何故か面接の知らせが来ました。

 人事の人も同じなので、
不安になりハローワークに相談してみました。

 面接を出した可能性としては、

・単に忘れている。
・リストに載っているが、あえて今必要なので面接の案内を出した。

と言った点で、
3年前の件を忘れているのでしたら、
企業として情報管理がおかしいだろうと言う話になりました。

 但し、
人事はあくまで窓口なので事務的に照合して合った人間を適当に抜き出しただけと言う可能性もあり、
所詮バイトなので顔をロクに覚えていないのでは?と言う話もありました。

 どちらにせよ、
面接で話を聞いてみな限り真意は分からないとの事でした。

 また、
疑念に感じた状態で働いても満足に働けないので、
面接に行くなりして疑念を持ったら断ればいいとの話で、
結局真意は面接に行くまで不明と言う事です。

 結局行かねばらんと言う事ですか。

 会社に属している人の意見も聞きたい所ですが。

 さて、
今回は上の枕の通り、
ドタバタしたので何も作業をしていません。

 その関係でネタ切れの味方……もとい、
記事を書く直前まで忘れていたご朱印帳の朱印紹介です。

 最近行っていない……と言うより、
もう近場は粗方行きつくした感があります。

 半増坊(建長寺)

2015102301.jpg

 建長寺奥にある坊の朱印です。
 ここは建長寺内でも独立している所なのか、
かなり離れた所にあります。

 ここの奥の道が鎌倉の天園ハイキングコースとなります。
 
 葛原岡神社

2015102302.jpg

 最初に朱印を見た時、
何処の神社だったかなと思ったほど忘れていた神社です。

 場所は源氏山の奥でして、
大抵源氏山に来ると銭新井弁天に行ってしまうので気づかないのも無理はないと思いました。

 後醍醐天皇の側近である、
日野俊基を祭る神社です。

 後醍醐天皇の時代が無かった事にされていたのもありまして、
今一つ知名度がないですが、
こうして祭られているのですから人々に慕われていたのは確かです。

 武甲山御嶽神社。

2015102303.jpg

 秩父にある神社でして、
本来は武甲山の頂上にある神社です。

 流石に頂上に行けない……だけではなく、
武甲山が石灰の採石場になっているのもありまして、
麓に社を立てたのが行った場所となります。

 今は位置が変わった上でハイキングに行く事が出来ますが、
それでもかなりの準備が必要です。

 何せ交通の言がないに等しいですから。

 いくら麓の社に朱印を貰うのが邪道だからと言って、
ボールペンで参拝日を書くのはどうかと思います。

 祭りの前で忙しかったのもあるのでしょうけれど。

2015102304.jpg

 秩父今宮神社

 妙に御祭神が多い神社です。

 神社と言う割に開かれた感じでして、
自然も割合少なかった気がします。

 一見すると新しい神社に見えますが、
実はかなり歴史のある神社です。

 鹿島神宮
 
2015102305.jpg

 言わずと知れた、
武道の神様を祭る神社。

 歴史は非常に古く、
平安時代にはすでに名前があった程です。

 中二病……な人にはおなじみ、
「韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)」と称する刀が納められています。

 名前の通り鹿を神使としていまして、
奈良にいる鹿はここにいる鹿を奈良の鹿島神宮に分けてもらった物です。

 因みに香取神社と1セットとなります。

 奥宮。

2015102306.jpg

 鹿島神宮奥にある宮です。

 ここは朱印が別です。

 本来神社の宮は1年から数十年ごとに全て解体し、
建て替えるのですが(例えば伊勢神宮は20年おきに全ての建物を建て替え、道具や衣装を新しくします)、
江戸時代中ごろに建て替えるのをやめたそうで、
建て替えを行った最後の宮が奥宮となります。

 その為、
非常に古い宮となります。

 さらに奥は沐浴用の池や売店があります。

 続きはいつになる変わりませんが、
近いうちに公開したいと思います。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

謎の面接……気になりますね。
気が重いかと思いますが、無理なさらず行って来てくださいませ。

御朱印やっぱり良いですね。
奥の院までもらさず参拝なさっているのがすごい。
(だいたい途中で歩き疲れてやめてしまう自分)

鎌倉も行ってないところたくさんあるなー。
体を治して、また寺社巡りに行きたいです(^o^)

Re: No title

 コメント、ありがとうございます。

 受かる確率は非常に低いでしょうけれど、
言われたからには行くしかないようです。

 でも謎が多いですね。

 ご朱印は奥宮と別になっているのは珍しいです。

 それほどまで広いと言えますが、
実際にそこまで広いかと言うと疑問が湧いてきます。

 当時は行くのと帰りが意外に楽で、
香取神社に行くのがきつかった程度しか印象がないのですが、
改めて考えてみると凄い神社だったのかと思えてきました。

 行って見るのと聞くのとはかなり違うので、
寺院は一回行くと良いです。
プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

03 ≪ 2024/04 ≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる