まだまだ行けます。

 科学技術週間と言う事で、
科学技術館に行って参りました。

 無料開放日と言う割には人気がなく、
本当に宣伝しているのか?と突っ込みたくなりました。

 ここは子供のころから何も変わらない、
一種のシーラカンス化していたのですが、
ここ数年の間にブースを変えてきたらしく、
何気に新しくなっている者もあります。

 と言っても、
ちょくちょく行く関係で1時間弱もあれば全部見られましたが。

 と、
そこで見かけたポスターに「理化学研究所一般開放」がありました。

 しかも今日。
 こっちに行けばよかったと思い、
昼食を靖国神社の遊就館で海軍カレーを食べてから、
理化学研究所に行ってきました。

 家から科学技術館(皇居北の丸公園内)から靖国神社へ、
更に理化学研究所へと自転車で突っ走りました。

 そして何とかたどり着きました。

 脳科学や物理学の日本最先端なだけに、
結構な設備がありました。

 その辺は追々科学未来館の話と共に報告するとします。

 未だ体力が有り余っている辺り、
自分もまだ若い……のかと思います。

 因みに理化学研究所は我が家から比較的近い所にあるので、
帰りは余裕でした。

 さて、
鎌倉旅行の続きですがここからは駆け足気味に最後まで行きます。

 と言いますのも、
ここからロマンスカーの時間との闘いになってきまして、
時間が本当になかった(段葛にいる段階で残り2時間半しかなかった)ため、
本当に端折りながら行った為です。

 本当なら長谷寺にも行きたかったし、
江の島観光もしたかったのですが……来年ですかね。

2016042301.jpg

 段葛の桜はこんな感じです。
 まだ若い桜です。

 俗に言うソメイヨシノ問題からか、
他の桜も植えてありました。
(ソメイヨシノは皆クローンなので多様性がなく、更に子孫もないので一斉に枯れる傾向があります。
更に寿命が近いのではと言われていますので、最近ではソメイヨシノ以外の桜を一緒に植える所が多いです)

2016042302.jpg

 所々にある柱には、
こういった花の入った植木鉢があります。

 鎌倉駅から江ノ電に乗り、
長谷駅に向かいます。

2016042303.jpg

 江ノ電は鎌倉駅が起点でして、
こういったカエルが置いてあります。

 そしてバックには桜が添えられています。

 長谷駅で降りた後、
長谷寺に行く時間がないので鎌倉文学館に行ってきました。

2016042304.jpg

2016042305.jpg

 鎌倉ゆかりの作家や作品、
資料が展示されています。

 ここで感じたのは「作家は字が下手でも問題ない」です。

 かなり読めない……もとい殴り書きで書いてある原稿が多々あります。

 良くネタで言われているのが、
「作家になりたければ楷書をやれ」です。
(きれいな字で書かないと作家になれないと言う奴です)

 楷書を覚えても結局印刷する&校正されるのであまり意味はないです。
 今はパソコンと言う画期的なツールがあるので、
ほとんど意味をなさないかと思います。

 でも速さで言えば紙とペンに勝る物はないのと、
(パソコンやスマートフォンでは起動を経由しなければならないのに対して、髪とペンなら出せばすぐ書けます)
原稿用紙での書き方はパソコンでも変わらないので、
やっぱり手書きでの書き方、
それも最低限読める程度に早く書く技術は覚えた方がいいです。

 自分もメモの書き方を早く学ばないとです。

 写真関連は以上です。

 この後は駆け足で江ノ電に向かい、
江の島に行ったのですが本当に行っただけでした。
(お土産の釜揚げシラスを買ってきただけです)

 因みに江の島に着いたのはロマンスカー発車の30分前でしたので、
本当にギリギリでした。

 次はもっと遅い時間に予約しようかしら?

 次の旅行関連は科学未来館関連です。

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ソメイヨシノってクローンだったのですか……!(知らなかった) そこらじゅうにソメイヨシノが植えられている光景も、未来の日本にはないものなのかもしれないのですね。

鎌倉文学館は昔仕事で行きましたがいいところでした。今も変わらずきれいなようですね。

お写真ありがとうございます。次回は長谷寺も江ノ島も楽しんで来て下さいませ!

Re: タイトルなし

 コメント、ありがとうございます。

 ソメイヨシノは種がないのでクローンになります。
 それ故に条件が整えば一斉に咲きます。

 但し、
寿命と言うのは人間も同じく後天的な要素が絡むので一概に言えず、
枯れたとしてもそれが寿命なのか病気なのか、
未だにわからないのが本音です。
(純粋に寿命で枯れたケースは過去にはないです)

 文学館は屋敷の中に入るので、
靴を脱ぐ必要があるのですが、
どういう訳かロッカーがないので荷物を何処に置けばいいのか分からず困ります。

 多分、
あるのでしょうけれど。

 次こそは江の島近辺をじっくり堪能したいです。
プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

02 ≪ 2024/03 ≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる