雑談記あれから。
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
あれから。
 今日は地元で花火大会でして、
会社からの帰りは地獄そのものでした。

 リア充共の集まりで。

 電車を降りてから花火を見てきましたが、
立体的に見る花火と言うのはなかなか迫力があります。

 裏でリア充がヤる事ヤってんだなと思うと腹が立ちますが。
どうせだから浴衣のA○でも見て白い液体花火でも打ち上げてやりますよ


 至る所立ち入り禁止でコンビニも混んでいました。
 当然と言えば当然ですが、
だからと言って車で来て酒を買って飲んでいるのはどうかと思います。

 どうやって帰るのでしょう?

 さて、
昨日の続きを少し考えますとまあ、
ぼろくそに叩いている感がありありなのですがいい面もあります。

 後付けが容易なので方針転換が容易、
使い捨てなので都合の悪い設定はすぐに消せる(話が決まっていると都合の悪い設定は消えないので都合合わせの路線変更を余儀なくされます)、
随時設定を組み込みやすいライブ感があると言う点です。

 これらは読者とのコミュニケーションにより達成できる物で、
すでに出来上がっている小説を読むのに比べてわくわく感が出てきます。

 読者がアイディアや感想を出して組み立てた物を作者が書いて行く。

 出来上がった物が即座に読めるオンラインならではでして、
ケータイ小説の流れを汲んでいると言えそうです。

 ただここで疑問に思うのは、
「紙で出版した物が何故売れているか」と言う点です。

 ライブ感が醍醐味なら、
すでにそれを失った物に価値はありません。

 現にケータイ小説は数多く出版されましたがほとんどが売れませんでした。

 オンラインで組み立てた結果しか書かれていない本は、
只の「ログ」でしかないからです。

 では何故、
紙になった本として出版されているなろう系が売れているのか?

 まだまだ研究の余地がありそうです。

 本題に入りますが、
各々の機体のロックオンルーチンを変更しました。

2017080501.jpeg

 理由としまして、
集中ロックが機能しない事や近距離時の立ち回りが思う様に言っていなかった点があります。

2017080502.jpeg

 割合直撃が多かったグレイブストーンの回避ルーチン機動トリガーを、
「120m以内に高速飛翔体」から「140m以内に高速飛翔体」としました。

 もう一寸過敏にした方が早めに回避ルーチンに行こう出来る事、
比較的遠距離でもミサイルの牽制が可能なので、
早いうちに間合いを話しても問題ないと言う理由からです。

 離れすぎるとロックが出来なくなりますが、
(仕様上500m以上離れると捕捉できなくなります)そこまで問題になる事はないと思います。

 実際に動かしてみますと良く動いてくれます。
 120秒のフルタイムでも動いていますので問題ないです。

 後は燃料諸々ですが……




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)