雑談記もう疲れました。
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
もう疲れました。
 義兄の元に髪を切りに行きました。

 予約していた時間が15時と非常に半端な時間だった為、
前後で近場の図書館を探して資料を手に入れてきました。

 初めて行く図書館でしたが、
コピーサービスが妙にいい加減だった気がします。
(普通は立ち会いませんかね?)

 不眠による疲労の蓄積により、
もう休みたいと体が悲鳴を上げている状態です。。

 今でも意識が朦朧としています。

 そんな中でも作業をやらなければならないのが辛い所です。

 停滞に停滞が重なっているので、
今回は引き延ばしと言う事でバトンとします。

 本当に停滞していて済みません。

 やっぱり季節の変わり目は体調が悪くなりますね。

一緒に物語を作って♪part3バトン

Q1 突然、強い風が吹いた。
A1 吹き飛ばされた所でサメに喰われて死にました。
Q2 空色の瞳がそれを目線で追う。
A2 空色って何色よ?
Q3 白い手を伸ばして掴もうとした。
A3 そりゃあ死んでるんだもの、血が流れてないのも仕方ないね。
Q4 空色の瞳が白い手を見つめる。
A4 俺、死んでるじゃん!
Q5 それから風の吹いたほうを眺めた。
A5 あそこにいるのは神様だ!
Q6 それを空色の瞳が悲しげに見つめる。
A6 もしかして、異世界に連れて行ってくれないんですかね。
Q7 振り返った先に一人の少年がいた。
A7 実は俺が神だよ。
Q8 「大丈夫」
A8 最強のステータスで転生させてやろう。
Q9 白い手が掴み損ねたそれを手に取る。
A9 掴み損ねたのに手に取れる必殺魔法なのさ!
Q10 「ありがとう」
A10 俺のスマホと一緒の冒険はこれからだ!

このバトンに回答する / 回答した人を見る





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)