無意味か否か。

 埼玉県立近代美術館で、
浦澤直樹原画展をやっていたので見に行ってきました。

 文字通り、
良くも悪くも原画展でして原画と履歴が書いてある程度でした。

 まあ、
美術館なので資料諸々が一式飾ってあったり、
仕事場を再現したりと言ったのはないと分かっているのですが。

 意外にも小学校時代からの漫画も展示していましたが、
絵が上手い云々より良く保存していたなと思ってしまいます。

 自分なんか黒歴史ノートを全部破棄してしまいましたからね。

 原稿が並ぶと分析も進む訳で、
そういう作風なんだと同時に学ぶものもそれなりにありました。

 個人的な見解ですが分析は、

・作中で登場人物同士のやり取りがほぼない(厳密には1コマ内でのやり取りがない)。
・モンタージュが多く、正面を向いたアングルと引いたアングルの繰り返しのコマが多い。
・登場人物の絵が簡素なのに対して、背景は緻密(写実的)に書いてある。
・コマの割り振りがシンプルで奇をてらっていない。(斜めゴマ、コマから絵がはみ出しているケースがない)
・登場人物の設定イラストへの書き込みが少ない。

 と言った所です。
 この事から、

・登場人物ではなく読者と対話するカメラアングル、話しかけるような台詞が多い。
・クレチョフ効果により、状況や心理描写は読者に委ねるようになっている。
・背景の状況から、登場人物の心理状況を導き出せるようになっている。
・緻密な背景で静を、登場人物は動を意識している。(故に登場人物は過剰に書き込んでいない)

と考えます。

 全体的に映画的な手法が多く、
対面でメタ的に語りかけるシーンで読者を登場人物の一人して感情移入させ、
緻密な背景で作品世界に入り込ませていく。

 そして読者はあたかも登場人物の一人のように感じ、
敵や謎を追っていく。

 そんな感じではないかと思います。

 応用が利くのは、
如何にして登場人物=読者の一人として捉えていくかと言った点です。

 大抵主人公=読者になるのですが、
別の人物にもなれると言うのも意識しておけばキャラクターの掘り下げ、
組み立てができるのではないかと考えています。

 如何にして読者に近い、
所謂「こういうキャラクター、俺(か知り合い)っぽい」を出せるかがカギになりそうです。

 後はト書きは鮮明に、
台詞は曖昧にしておくというのもですね。

 こうしておけば「俺だったらこう言うよ」が一致しやすいですから。

 さて、
お絵かきですが色を塗った個所を破棄し、
新しく塗り直しました。

2018081602.png

 グリッドで分割し、
部位ごとに塗っておく形としました。

 細かいので何処を塗ったか分からなくなってしまいますから。

 正直に言って1からやり直すのは悩みましたが、
このままだと埒があかないと分かり手法を変えました。

2018081601.png

 背景の写真を取り払った物。
 それなりになっていると思います。

 塗りを全体にし終えた後、
細かい部分の書き込みに入りますが……書き込めるかどうか不安です。

 写真のレイヤーを重ねるのが大変ですから、
ここをどう処理するかを考える事にします。

テーマ : お絵描き・ラクガキ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風城 徹

Author:風城 徹
友達いない歴=年齢を素で突っ走る、
卑屈上等な男。

そんな性根の腐った人間、
風城 徹が語るブログです。

(コメント、ブロとも申請は任意。)

 基本公開情報ですのでリンクフリーです。

 但し内容の引用は著作権違反に当たる恐れがありますので、ご注意を。

twitter http://twitter.com/t_kazakiNo00
mail kazeshiro2000@yahoo.co.jp
(@を半角にして下さい)

HP『オシイレノタナ』

旬の花時計
カテゴリー
twitter
最近の記事
今日の日付入りカレンダー

03 ≪ 2024/04 ≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
*****↓削除ここから↓****
取説は作者ブログ
「更新履歴」内リンクへ。
*****↑削除ここまで↑*****
月別アーカイブ
最近のコメント
サブカルチャー世界の謎
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村
フリーエリア
ブログ内検索
FC2カウンター
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる