雑談記タイトな明日へ。
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
タイトな明日へ。
 いよいよをもって蒸し暑くなってきました。
 仕事場が。

 基本的に事務系なのか、
女性が多く冷え性気味でクーラーが抑え気味です。

 その為、
勤務の後半は異様に暑苦しくなります。

 外が涼しくなるくらいに。

 個人的に文句を言う気はないですが、
せめて扇風機が欲しいと思ってしまいます。

 でも扇風機ってうるさいですからねぇ。

 さて、
小説ですが4話目の書き出しに入りました。

2019y06m25d_214203115.jpg

 書き出した程度なので8KB位です。
 後はいつも通り、
諸々直しつつ調整するといった感じです。

 なろうでは日刊が基本ですが、
自分のペースでは到底無理なので質を上げて勝負です。

 でも誰にも読まれないという有様です。
 カクヨムに至っては文字通り誰も読んでいません。

 読む価値がないのはわかっていますが、
書き始めたらやるしかないのが性です。

 本当に嫌になってきますが、
仕方ないです。





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)