雑談記懐かしき音楽。
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
懐かしき音楽。
 最近になってカーペンターズの曲を聴くようになりました。

 CDはベスト盤が1枚しかないのですが、
他に探しても同じような内容の曲を収録して要るっぽいので、
これで十分かと思います。



 自分の中では「愛にさよならを」がいい曲だなと。
 他も捨てがたいので本当にベスト盤がベストで嬉しいです。

 前に興味本位で買ったCDのありがたさを今になって痛感します。

 さて、
先日書きました通り日比谷公園にリュウゼツランの花を見に行きました。

 ただそれだけのために日比谷公園に行ったので、
他はどうでもいい感じでした。

 電車を乗り継ぎ、
霞が関で降りると即座に公園です。

 後は何処にあるのかさまよっていますと、

2019080201.jpg

 ありました。

2019080202.jpg

2019080204.jpg

 凄く高いです。

 なんでも急に、
にょきにょきと茎が伸びていったそうです。

 なぜこの花がすごいのか、
理由は花が咲くのが30~50年に一度といわれているからです。

 それくらいに珍しい……のですが、
実際にはリュウゼツランは何処かの植物園に行けば庭園に必ず植えてあるので、
そこまで珍しくはないようです。

 そもそもテキーラの原料と言われているくらいですから、
大量に植えてあるのは確かです。

 因みに花が咲き終わったら枯れます。
 花を咲かせるのにすべての養分を使い切るからです。

 リュウゼツラン自体が「過酷な環境で花を咲かせるための塊」であって、
花を咲かせるエネルギーをため込むために分厚い葉っぱだらけの形態をとっているのだそうです。

 セミみたいなものですかね。

2019080203.jpg

 日比谷公園自体はよく整備されていまして、
花壇もきれいです。

 近くに皇居があるので行ってみましたが……続きは次回以降で。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)