雑談記腹痛が止まらない。
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
腹痛が止まらない。
 腹がものすごい痛いです。

 何かにつけて便意、
便意の嵐でどうしようもなく、
常に腹に何かがたまっている感が強いです。

 調子が悪いとまず腹痛から来るので、
何かしらの兆候があるのかと思います。

 もしかして:地震からのストレス

もあるのかもしれません。

 昨日の地震は恐ろしいものでした。
 また来るのか……と思う統括に寝られません。

 土曜日の夜だったからいいけど、
平日だったら寝ている時に物が落ちて死んでましたとも。

 さて、
小説ですが公募向けの作品は完全にパッケージを終えました。

 後はフォームに送るだけになりますが、
検品をする必要があるので応募は次の休みです。

 次に公募していた作品の知らせが来ました。
 最終選考にすら残っていませんでしたが、
まあ最終選考に残る=受賞も同然の名誉なのでまずはないなと。

 一次選考にも残らないよなとも考えていましたし。

 自分の作品を読み直して思っていたのが、

・文章が固い。
・(プロットは破綻してないのに)序盤が弱い。
・人間関係の希薄さとキャラメイクの空気さ。

が欠点として出てるなと思いました。

 受賞した作品を読むと、
最初からぐいぐい引っ張るんですよね。

 話自体はたいしてすごくないのに(失礼ですが普遍的といえばいいのです)。

 選考のプロセスや個別の選考結果やアドバイスがないのが公募の欠点ですし、
ここは自分で発見していくしかないです。

 発見したら即勉強あるのみです。

 応募完了次第、
前に公募した作品の公開と既存作品執筆の続きをやります。

 ついでに、

2021y02m14d_184247659.jpg

 公募向け作品のプロット作成を進めています。
 序盤の弱さ、
どう改善するか……考えないとですね。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)