雑談記死する時。
雑談記
本当はシナリオについて書く所だったのですが……べ、別に変態さんじゃないんだからね!
死する時。
 ベテランの人が退職しました。

 感謝の気持ちで菓子をくれたのですが、
一生懸命頑張っても、
菓子に置き代わってしまうのかと思うと悲しいものがあります。

 自分も退職が近いのですが、
どうにも頑張っても退職して消えていくというのはむなしいものがあります。

 どんなに頑張っても、
去っていけば消えゆくものは消えていく。


 
 ブレードランナーのラストでも同様のセリフをレプリカントが言っていますが、
これは俳優のアドリブだそうです。

 仕事に限らず、
実績で何を残していくかを考える時が来たのかもしれません。

 何も残らない仕事より、
何か残る仕事を求めたいです。

 さて、
小説ですが2つの投稿サイトに投稿している作品を更新しました。

 こちらそちらです。

 今回はあらかじめ書いた通り、
2つに分けました。

 膨大だから仕方ないです。

 わざわざ読みに行く人はいないでしょうけれど、
とりあえず活動はしていますよということで。

 数か月も更新していない状態でしたから。

 そしてまた水面下に沈むと。

 遅筆はやっぱりよくない。
 




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)